読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

考えたことを書いて忘れる用の何か。

[]読書感想文

機本伸司の「僕たちの終末」

僕たちの終末 (ハルキ文庫)僕たちの終末 (ハルキ文庫)
著者:機本 伸司
販売元:角川春樹事務所
発売日:2008-05-15
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

この人の作品「神様のパズル」に少しはまったので別な本も買って読んでみる。

個人的にには結構恋愛描写に関して突飛な行動というか大胆な行動をとる人が多いと感じてしまう。そこがいいといえばそうだけど、なんだかリアル感が無いといえばそうかも。
メインはSF考察とその途中、もしくは最後に出てくる「じゃあ人間は何をするべきなの?」っていう展開のなかに主人公が考え込む所。それは多分この人の全作品に共通してるテーマなのかな?、この人の本のほとんどの形式が同様な感じで進められている。
後は表紙に負けず劣らずのキャラ設定、一番新しい作品の巻末コメントでは萌え系のひとに支持されるのがいまいち分からない的なことを書いていたが、自分から見ると十分魅力的な女性キャラの描写ができててそこにこの表紙でのっけて出したからそこが注目されたんだと思う。

ありえない設定、というのはSFだとつくらなきゃいけない場面があるとは思うがそのノリで軽く女性の描写にもその要領で書いた感があってそこが意外とハマるものがあったのかな。

惜しむらくは自分自身がSFの知識がほとんどないからほとんど受け売りで読んじゃったことだろうか、こういうのがわかる方が絶対面白いのにな〜とか思う。