読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

考えたことを書いて忘れる用の何か。

感覚的推定



なんだか割かし長い時間起き続けているせいか頭の回転が遅い、最低限なんとなくでもタイピングはしておこうか。


更新のタイミングがイマイチよく分からない。思いついた時に書いて直ぐその場でアップするのがいいんだろうが、忘れてるのか面倒なのか一日のやるべき事なんて殆ど無いに等しいのにも関わらず、決まって夜中。上げる時間帯は指定もできるから固定してみようとか思索を巡らすものの、その日の朝考えた文章を夜にUPするのはいいのに夜打ったのは日付またいだ次の日にはUPしたいとは思えない、事象としてはしょっちゅうあるのにあんまり肯定できない・・・。

改行すれば見やすいわけでもなく、ただ単にスカスカした中身の薄いページが生まれるだけなので、段落とか


の行の空け方とかも見ておきたいかもしれん。教科書引っ張り出せば載ってるかな・・・。そういえば縦書きと横書きで違いってあるんだっけな?せっかくだしテキストエディタも調子に乗って縦書きのにとっかえてみるか。





パッヘルベルのカノン」だけ何故か妙にアレンジしたものが世の中にたくさん出回ってる気がする、しかも普通のオーケストラだけじゃなくっていろんな楽器で演奏されてて不思議だ。自分の場合、一時間いろんなパターンで聴くのが結構好きで、同じ旋律なんだけどテンション違うのを聴いてても飽きない。他にもクラシック系でアレンジ集みたいなの出てないかな?


眠気より目の痛みとか疲れの方がパソコンを続けちゃいけない気分になる。でもその3分くらい後に「もう休んだろ」って感覚になって再開し始める・・・





ipad2はどう転がっても読書用の端末としては自分には使えない、少なくとも物語に浸って没頭してくタイプの本には。何故か調べ物が始まる。しかも関係ない事柄。





多分マルチタスクってそっち向きなんだろう、自分の集中力が無いのは置いておく。