読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

考えたことを書いて忘れる用の何か。

MTG

MTG

デッキは大体固定されてきて新しく考えるということもしていないので、そろそろ変化もさせる必要があるというか思いはありつつ手を加えるのに今までより相応の入手難度というか対価が必要になってくると手が出せないというなんとも言い難いジレンマが。
以前にメモしておいたデッキを少し改造しつつ、イベントデッキの「死の国の伝令」を追加してこれを元にデッキを構成していこうと考えている。
f:id:akaru000:20140327155135j:plain
「灰色商人」をフィニッシュ力はテーロス環境の中でもトップレベルに入るような気がする。黒単が流行ってるのもなんとなく低コストでこのカードが手に入るからというのもあると思うカジュアルデッキを作ってる自分から思う感。
エンチャントや低コストで時間をかけて中盤まで耐えれば平気でマナコスト以上のドレインが可能になる状況が簡単につくれるし、実際にやられる事も多々。
緑白デッキ
f:id:akaru000:20140327155753j:plain
デッキとしてはライオンを4枚積みしてから結構安定してきて、「エルフの神秘家」かライオンが2ターン以内に出せるパターンが多くなった。ただ、基盤としては安定するけどそれ以降がどうも自分の中でプランが無いせいかいい流れになったとも思えない。
素出しした「ネシアン未開地の荒廃者」が上手く機能するかどうかくらいだろうか、ワームを含めてパワーが5〜6を相手より早く押し付けるデッキになってきてるのでどちらかと中速ビート的な動きなんだろうなとは思っているが、果たしてそんな簡単にはやりたいことが出来ないのがいつもの展開。
次に手を加えるとすればマナクリーチャーをもう少し増やすことで高マナ帯にアクセスしやすくする事だろうか、結局「エルフの神秘家」だと白マナの面で苦しむ場面が多かったので、マナクリーチャーのコスト一つ増えるよりも2色が安定して出せる方を選ぶという理由もわかる気がする。
f:id:akaru000:20140327160739j:plainf:id:akaru000:20140327160645j:plain