読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

考えたことを書いて忘れる用の何か。

アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ 12話 感想

優先度、全体とユニット、美波リーダー、特別プログラム、結束
新田美波を中央に置く話へとなっていくのは最初のユニット編成でPがまず選んだ2人としての位置になるし、年長という理由も割とまっとう。
それと同時に各ユニットの間がそれなりに結束の姿勢が見えた結果、CP全体との整合性が取れない状態に。
そこが今回の解決するべき課題で、後半の運動でその全体面の結束をする。
ただ、時間の割り振りというかそれぞれの競技へ費やす時間とのかみ合わせがあまり良くなかった気はする。
割と競い合いを求められていた場面なのか最終的な協調へとつながったのかの関連性とかはちょっと分からなかった。
スポーツレクリエーションは定番だからまあ一度やり通すと結構効果的なのはわかるけど。
あと単純に絵の統一感だろうか、各キャラの一人ひとりがあの競技と運動量を見せることによってそれぞれの個性を見せたことになったかは個人的には疑わしい。
それまでの話運びと、きっちりとした間をとった演出と比べるとどこか気になる。
後は舞台に使った地点に対してそこまで理由を言及しない、Pがちょっと離れて戻ってくるまでも特にない。
あれはちょっと舞台としての採用理由とか、Pが持ち場を離れるようにする限定的な条件にするのとか、その辺が全部ストーリー上で切り離されて話が進んだのはちょっと残念だった。
もしかしたら初見だと違和感ないままでも受け入れられるのかもしれないけど、劇場版や過去作にも関連性を見るとするなら舞台とサイン色紙以外にも何か意味的な理由があってよかったかなぁとも思った。
そう思うのは過去作との関連性をちょっと気にしすぎるようになってしまった自分だからだろうか。