読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

考えたことを書いて忘れる用の何か。

グランブルーファンタジープレイ記 53

グランブルーファンタジー ゲーム

・水パーティ
ヴァルナとグレイプニルによる水DA編成は火力面の不安を抱えたまま装備は凍結する方向へ。
細かい数字を取っていないが、ランスロットのサポートアビリティを含めてもスーパースターのソングオブグランデを素の状態で超えることもない(と思われる)し、その分の攻刃の減少値を大にした時の奥義火力と素殴りをカバーできるほど手数の打てる環境というのは今のゲーム上には存在しないような気がする。
この辺りはもうちょっと明確な数値を出す必要があるかもしれない。

・十天衆3人目をウーノに決め打ち
あれこれ悩んだりするのはもうゲーム的にも面倒なだけなので強化を開始。
実際に手に入るのは約一年以上後だろうし、副産物の武器の強化で楽しむことにする。
f:id:akaru000:20160117004921j:plain
武器は光属性の槍として強化中。
シュバリエの斧が水攻刃を強化する過程でスキルレベルを上げていったので、その副産物として光属性のマグナ守護が強化されていてその流れで光を防御寄りな編成で組もうと決意。
f:id:akaru000:20160117005221j:plain
2本は完成済みだが3本まではスキルレベル10にする予定。
かと言って防御寄りな光キャラはいまいちいないのでちぐはぐな状況ではあるが、HPを増やしてホーリーセイバーでもセレストマグナに耐久パを組んである程度削れるようになったのでその面で言えば多少意味はあったと思える。
ソフィアはHLマルチバトルが今後のメイン戦場になっていきそうなので、いつかタイミングを見計らって入手することになる優先度が上がっていっている状態。

四象イベント
f:id:akaru000:20160117005320j:plain
攻刃Ⅱの武器は確保
後はエリクシールその他アイテムやSRチケットをどこまで確保するか、もしくは次回のためにストックしておくかという判断に。
前回は思わぬ形でコキュートスアニマを弾の作成のために引き出すことができたので、そういう場合なんかもあるんだろうなと思わなくもないが・・・そこまでしなくともという感情もある。